このイベントはすでに終了しています。

【豊洲公演】Salicus Kammerchor第5回定期演奏会 J. S. バッハのモテット全曲演奏会

出演
演奏:Salicus Kammerchor / 指揮:櫻井元希
B7bb4be0 08c2 428f 8abc c5c9593bcfea

予約/購入受付

開催日時
2019年05月08日(水) 19:15 〜
前売り一般(クレジット払い)
-受付終了 3,500円

受付期間: 〜 2019年05月07日21:00

前売り学生(クレジット払い)
-受付終了 2,000円

受付期間: 〜 2019年05月07日21:00

前売り一般(銀行振込)
-受付終了 3,500円

受付期間: 〜 2019年05月07日21:00

前売り学生(銀行振込)
-受付終了 2,000円

受付期間: 〜 2019年05月07日21:00

一般(当日精算)
-受付終了 4,000円

受付期間: 〜 2019年05月07日21:00

学生(当日精算)
-受付終了 2,500円

受付期間: 〜 2019年05月07日21:00

◯ : 受付中/△ : 残り僅か/× : 売切れ/- : 受付期間外
Credit card trans gmo
TIGET公式提携決済アプリ

コンビニ銀行振込あと払いなどで
今すぐチケットを購入できます。

詳しくはこちら

購入は、別途システム手数料99円/1枚にかかります
BOTを使用した購入・予約は禁止されています

Webページに埋め込む

下記のコードをコピーし、Webページやブログで表示したい箇所のHTMLに貼り付けます。
左のようなボックスのイベント概要が表示可能です。

コピー
Googleカレンダー

イベント詳細

 Salicus Kammerchorが2015年の結成当初から取り組んでいる、「J. S. バッハのモテット全曲シリーズ」の集大成となる演奏会です。これまでの演奏会では、バッハのモテット1・2曲をメインプログラムとし、前半プロフラムではグレゴリオ聖歌からJ. S. バッハに至るまでのキリスト教声楽作品に取り組み、バッハがいかにしてその独特な音楽を生み出すに至ったかということを歴史の流れの中から探ってきました。グレゴリオ聖歌からポリフォニー(多声音楽)が生まれ、その延長線上にバッハがいるという考えから、10世紀のグレゴリオ聖歌の記譜「古ネウマ」を手がかりとし、徹底的に声楽的な視点からバッハの音楽を捉え直す試みを行っています。
 5年間の取り組みの中で、このアプローチによってバッハの音楽がより瑞々しく生き生きとしたものとなるということを実感しております。どうぞご期待ください。

曲目:
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750)
Johann Sebastian Bach

「主に向かいて新しき歌を歌え」 BWV 225
“Singet dem Herrn ein neues Lied” BWV 225

「来給え、イエスよ、来給え」 BWV 229
“Komm, Jesu, komm” BWV 229

「恐れるな、我はともにあり」 BWV 228
“Fürchte dich nicht, ich bin bei dir” BWV 228

「諸国よ、主をほめ讃えよ」 BWV 230
“Lobet den Herrn, alle Heiden” BWV 230

「御霊は我らの弱きを強め給う」 BWV 226
“Der Geist hilft unser Schwachheit auf” BWV 226

「あなたを離さない、あなたが私を祝福してくれるまで」 BWV Anh. 159
“Ich lasse dich nicht, du segnest mich denn” BWV Anh. 159

「イエス、我が喜び」 BWV 227
“Jesu, meine Freude” BWV 227

演奏:Salicus Kammerchor

ソプラノ/金成佳枝 鏑木綾 小林恵 中須美喜
 アルト/岩渕絵里 高橋幸恵 富本泰成 前島眞奈美
テノール/金沢青児 佐藤拓 柳嶋耕太 渡辺研一郎
  バス/青木海斗 谷本喜基 西久保孝弘 松井永太郎
通奏低音/新妻由加(オルガン) 角谷朋紀(ヴィオローネ)

東京藝術大学バッハカンタータクラブのメンバーを中心に、2015年に結成。中世、ルネサンス、バロック期までの宗教声楽作品、特にJ. S. バッハの作品を演奏することを目的とする。団体名のSalicusは、装飾を伴うとされる上昇の「ネウマ」の名称に由来する。「ネウマ」とは、10世紀頃のグレゴリオ聖歌の記譜法である。Salicus Kammerchorでは、この歌心の粋を集めた「ネウマ」を解釈し、その歌唱法をグレゴリオ聖歌のみならず、ポリフォニー、そしてJ. S. バッハの演奏にも生かしていく。
 いわゆる古楽的アプローチに甘んじることなく、むしろそれに対し常に疑問を投げかけながら、音楽の核心に迫る為に様々な角度からアプローチを試みる。特にJ. S. バッハの作品は、非常に広大なバックグラウンドを有し、ある一つの尺度では計れない多様性を持っている。そのためあらゆる可能性を排除せず様々な価値観を受け入れながら、先入観に囚われない柔軟な演奏解釈を目指す。

ホームページ http://www.salicuskammerchor.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/salicus.kammerchor/
Twitterアカウント @Salicus_kc

指揮:櫻井元希
 広島大学教育学部第四類音楽文化系コース、東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。同大学院古楽科をバロック声楽で修了。声楽を枝川一也、益田遙、河野克典、寺谷千枝子、櫻田亮の各氏に、バロック声楽を野々下由香里氏に、合唱指揮をアレクサンダー・ナジ氏に、指揮を今村能氏に、古楽演奏を花井哲郎氏に師事。またヴォイストレーニングをVocology in Practiceの小久保よしあき氏に師事。
 これまでに、ヘンデル「メサイア」バッハ「ロ短調ミサ」「教会カンタータ」「マタイ受難曲」、モーツァルト「レクイエム」などのソリストを務める。
 Salicus Kammerchor主宰。フォンス・フローリス古楽院講師。東京藝術大学バッハカンタータクラブ2013-2015年度演奏委員長。ヴォーカル・アンサンブル アラミレ、リーダー。The Cygnus Vocal Octet、ジャパンチェンバークワイア、ヴォーカル・アンサンブル カペラ、古楽アンサンブル コントラポント等に所属。
http://genkisakurai.com/

未就学児のご入場はご遠慮ください。
やむを得ない事情により出演者・曲目が変更になることがございます。あらかじめご了承ください。

会場

豊洲シビックセンターホール

地図はこちら
開催日
2019年05月08日(水)
チケット情報
  • 開場: 18:45/開演: 19:15

    • 前売りチケット前売り一般(クレジット払い)
      料金3,500
    • 前売りチケット前売り学生(クレジット払い)
      料金2,000
    • 予約前売り一般(銀行振込)
      料金3,500(5/7の13時までに着金が確認できるようお願いいたします。)
    • 予約前売り学生(銀行振込)
      料金2,000
    • 予約一般(当日精算)
      料金4,000
    • 予約学生(当日精算)
      料金2,500
主催または登録者
お問い合わせ

salicus.office@gmail.com
もしくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

フォームによるお問い合わせ

コメント

コメントを投稿するにはログインが必要です。ログインはこちら

No image2
Shunsuke Ito2019/04/29 16:36

楽しみにしています。

No image2
古作マリ子2019/04/19 21:06

中須さんの美声楽しみにしてます

Star注目イベント