このイベントはすでに終了しています。

【トークイベント】野球の本をつくって売りたい!

出演
武田主税 / 堀治喜 / 林さやか / 柳瀬徹

予約/購入受付

開催日時
2018年03月25日(日) 11:30 〜
-受付終了 1,000円
◯ : 受付中/△ : 残り僅か/× : 売切れ/- : 受付期間外
Googleカレンダー

イベント詳細

野球が好き、本が好き。
東京野球ブックフェアに来てくれるみなさんは、その二つを備えている方が多くいらっしゃいます(もちろん、どちらかの方も、そうでない方も!)。

そんなみなさんの中には
「自分で何か本を作ってみたい」と考えたことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか?
そしてきっと「でも、作り方もわからないし」と諦めた方も多いはず。

ZINEやミニコミ、同人誌、もちろん商業出版も含めて、「本をつくる」ことにはいろいろな方法やスタイルがあります。
そしていま、印刷価格の低下やDTPソフトが身近になったこと、流通面の転換など、確実に以前よりも小出版はやりやすく、幅広くなっています。

「何かやってみたい、作ってみたい」という気持ちがあれば、何かしら方法はあります!
東京野球ブックフェアも、そんな出店者さんを待っています。

今回は、広島で、自身の著書を中心に出版活動を続けている堀治喜さん、友人と立ち上げた野球雑誌『野球雲』が10号発行を達成した武田主税さんをお迎えし、東京野球ブックフェア主催者でもあり、文化系野球雑誌『屋上野球』を出版するレーベル編集室屋上の林さやかも交え、「野球の本を作って売る」ことについてのトークイベントを開催いたします。

どんな風に出版を始めたのか、なぜ、「ひとり」で、もしくは「小規模」で続けるのか。
作っていて楽しいこともあれば、苦労も山ほどあると思います。
そんな裏話も聞きつつ、「何か作りたい」という方へ、きっかけになるようなお話ができればと思います。
司会は小出版も含む出版業界全般に精通したカープファンのフリー編集者、柳瀬徹さん。登壇者も今後の道筋にアドバイスを請いながらのトークになるかもしれません(笑)。

野球の本をつくって売りたい!
~野球本のつくりかたと小出版の現実
●日時 2018年3月25日(日) 11:30~13:00
●場所 ソラシティプラザ内 お茶ナビゲート
●入場料 1,000円(予約制/当日お支払いいただきます)

登壇者:
武田主税(野球雲)
堀治喜(文工舎)
林さやか(編集室屋上/東京野球ブックフェア)

司会:
柳瀬徹(フリー編集者/ライター)

<登壇者プロフィール>

武田主税(たけだ・ちから)
1962年生まれ、東京都出身。野球が好きになったのは小5の頃。
特に野球の記録や歴史に興味を持つ。家業の書店で働き、小さな街の本屋からヴィレッジヴァンガードまで経営。2011年から古本屋に転身。古本屋仲間と2012年野球史をコンセプトの「野球雲」創刊。2017年12月に10号を刊行。現在は古本屋と編集のハイブリッドの生活。

堀治喜(ほり・はるき)
1953年生まれ、長野県出身。広島東洋カープ初優勝の昭和50年にジャイアンツファンから改宗したカープファン。1993年から広島県北部の安芸高田市に草野球場「DREAM FIELD」を作り始める。1994年より文工舎で出版を開始。主な著書に「わしらのフィールド・オブ・ドリームス」(メディアファクトリー)「球場巡礼」「マツダ商店(広島東洋カープ)はなぜ赤字にならないのか?」(以上、文工舎)など。

林さやか(はやし・さやか)
1983年生まれ、神奈川県出身。出版社勤務を経て2011年独立、同年、「編集室屋上」を立ち上げ、東京野球ブックフェアも開始。2013年に文化系野球雑誌『屋上野球』を刊行。産休・育休を経て現在までに3号とかなりのスローペースながら発行を続ける。ようやく最近、98年の思い出から脱却しつつある横浜ファン。

<司会者プロフィール>
柳瀬徹(やなせ・とおる)
経済、地域活性化、農業から将棋まで、興味のあることにむやみに手を付けてしまうため人生の効率が悪い。最近編集した本に久松達央『小さくて強い農業をつくる』、荻上チキ『災害支援手帖』、飯田泰之編『地域再生の失敗学』など。カープファン。

会場

お茶ナビゲート

開催日
2018年03月25日(日)
チケット情報
  • 開場: 11:15/開演: 11:30

    • 予約
      料金1,000
主催または登録者
お問い合わせ