十字軍と残された女たちのシャンソン 〜中世13世紀の室内歌曲~

Webページに埋め込む

下記のコードをコピーし、Webページやブログで表示したい箇所のHTMLに貼り付けます。
左のようなボックスのイベント概要が表示可能です。

コピー
  • イベント詳細
  • チケット情報

十字軍と残された女たちのシャンソン 〜中世13世紀の室内歌曲~
日時
 2022年11月4日(金) 18時40分開場・19時開演
開場
 ガルバホール新宿東京
演奏
 ルドン絢子 歌、シュルティ・ボックス
 坂本卓也 ヴィエール(中世フィドル)
 
1095年から1291年までのおよそ200年間、聖地エルサレム奪還を名目に続いた十字軍遠征。
大義名分のもとに集まった貴族たちは、十字軍を機に勢力を拡大することもあれば、闘いの中で命を落とすことも。
いつの時代でも、戦争に翻弄される人々の切ない気持ちは同じもの。

12世紀から13世紀という、まさに十字軍遠征が行われていたこの時期に、宮廷で活躍した吟遊詩人たち。
彼らが残した作品の中には、戦争で名を馳せた勇者を称える英雄譚と共にシャンソン・ド・トワルと呼ばれる室内歌曲がひっそりと残されています。

シャンソン・ド・トワルとは、位の高い貴族の女性が刺繍などの手仕事をしながら愛する騎士のことを想って歌う歌曲です。
古いフランス語で綴られており、20曲ほどが現存しています。

どの作品も室内の情景と強く結びつけられており、愛する騎士や王様の無事を願う切ない気持ちを、節度を保った表現で上品に歌い上げます。
実は「美しきドエット」以外の全作品が、ハッピーエンドで曲が締めくくられているのも面白いところ。
この当時の女性たちの気持ちは、果たしてどのようなものだったのか。

このコンサートでは、13世紀の歌曲作品を中心に写本に残された旋律から、十字軍時代の人々の心情を、歌と楽器の演奏で再現します。

主催 坂本音楽スタヂオ・中世音楽センター

出演者
ルドン絢子 / 坂本卓也
開催日
2022年11月04日(金)
主催または登録者
坂本音楽スタヂオ
会場
ガルバホール新宿東京
イベントのお問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
その他

【前売券】
 TiGETにて決済をお願いします。
 クレジットカード決済の場合は、購入後のキャンセルができます。決済、払い戻しにかかる手数料はご負担ください。
 (コンビニ決済の場合は、システムの制約上、購入後のキャンセルはできません)
 公式リセールに対応しています。
 
【当日券】
 当日、会場の受付にてお支払いください。
 現金、クレジットカード、PayPay、MerPay、交通系IC(PiTaPaを除く)、QUICPay、Apple Pay、iD、d払い がご利用いただけます。
 *開演時刻以降のご入場は現金のみの対応となります。
 
【配信券】
 TiGETにて決済をお願いします。
 購入後のキャンセルはできません。
 公式リセールには対応していません。
 配信にはスマホでもPCでもご覧いただけるサービスを利用する予定です。
 リアルタイム配信の後、11月14日(月)正午までアーカイヴ再生ができるようにする予定です。リアルタイムで観られない方もご安心ください。
 視聴URLは当日15時以降にメールでお知らせします。
 チケット購入時にメールアドレスを正しくご入力いただくようお願いします。メールアドレスの誤入力や迷惑メールフィルタの設定都合で視聴URLを記載したメールが届かなかった場合や、PC・スマホ・回線のトラブルで配信がご覧いただけなかった場合でも、チケットの払い戻しはいたしません。
 配信はお客さまが「観る・聴く」ためのものです。動画・映像・音声を保存(録画・キャプチャ・録音)したり、第三者に転送したりなさらぬようお願いいたします。

開場 18:40 / 開演 19:00
●前売りチケット(前売券(要事前決済))

料金3,800 円

●予約(当日券(TiGETでの販売はありません。会場に直接お越しください。))

料金4,000 円

●前売りチケット(配信券(視聴URLは当日午後メールで送信、11月14日(月)正午までアーカイヴ再生可))

料金2,500 円

チケットを見る