第3回RAKU-GO-三道楽 わん丈の夜会1(夜公演)三遊亭わん丈「怪談牡丹灯籠通し読みシリーズin ひろしま 〜牡丹灯籠続編:闇に落ちた二人を追え!」

広島県

Webページに埋め込む

下記のコードをコピーし、Webページやブログで表示したい箇所のHTMLに貼り付けます。
左のようなボックスのイベント概要が表示可能です。

コピー
  • イベント詳細
  • チケット情報

 “プライベートサロンで聴く、近くて贅沢な落語会”
(簡単申し込みは、こちらへ→https://forms.gle/yLEb8JnAm21cCPfVA

前回満員札止めとなった、牡丹灯籠通し読みシリーズ、待望の続回!

今回からのお客様にもあらすじのわかるように、前回のおさらいをします。
お露新三郎の悲劇から、因縁話はさらに深まっていき、ドラマは新展開へと進みます。

一方で、すべての事の発端となった出来事へも触れていくことになります。

各章ごとでも物語として完成している壮大な人間ドラマである、三遊亭圓朝の名作「牡丹灯籠」。圓朝直系の門下である三遊亭わん丈は、その通し読みに取り組んでいます。

三遊亭わん丈さんは、キレのある語り口と新鮮で豊かな表現力で、落語界の若手の中でもトップクラスの人気と実力を備えた落語家。古典落語と自作の落語で、落語初心者から落語マニアまで、老若男女に幅広く支持されています。

今回は、円丈師匠逝去のために移籍した同じ三遊亭天どん門下の弟弟子、三遊亭ごはんつぶさんも前座として参加。数多くの大舞台で、大御所師匠の前座を見事にこなすスーパー前座。二つ目昇進を2ヶ月後に控え、クールな見た目とは裏腹な大胆な新作落語でも注目の若手落語家です。

広島にいながら、ホール公演とは違う近い距離で、その話芸をたっぷりとお楽しみいただける贅沢な落語会です。落語は初めてという人には、特におすすめです。予備知識不要。“今”の落語を聞いて、ご自身でその面白さを発見してください。

プログラム(予定)
オープニング

開口一番 三遊亭ごはんつぶ

落語 三遊亭わん丈 
   三遊亭圓朝作『怪談牡丹燈籠』より
   前回おさらい〜「栗橋宿」「関口屋強請」「本郷刀屋」

   +お楽しみ一席

出演者
三遊亭わん丈 / 三遊亭ごはんつぶ
開催日
2022年09月07日(水)
主催または登録者
RAKU-GO-LABO ひろしま・広島つながり寄席
会場
LeReve八丁堀(広島県)
イベントのお問い合わせ

お問い合わせフォーム、またはメールで、rakugolabo@gmail.comまで、お気軽にお問い合わせください。(さらに簡単申し込みは、こちらへ→https://forms.gle/yLEb8JnAm21cCPfVA

お問い合わせフォーム
その他

TIGETからの受付番号、およびTIGET電子チケットは、入場時には使用しません。この後にRAKU-GO-LABO広島から送る予約確認メールの内容をご確認ください。
郵送をご希望の方には、その際に郵送先をお尋ねします。
入場整理番号は、ご入金確認後のメール内に記載します。
こちらからの予約確認メールが確実に届きますよう、申し込み時の「備考欄」にもメールアドレスを再度記入してください。また、申し込み後3日経過してもこちらからの連絡が届かない場合は、恐れ入りますが、rakugolabo@gnmail.comまでメールにてご連絡ください。

自動返信メールに「受付番号」と「イベント当日、TIGETマイページに保存されたチケットを提示して受付をしてください。」とありますが、受付では、ご予約のお名前だけで大丈夫です。

開場 18:15 / 開演 18:45
●予約(事前振込による入場整理番号付前売り券(注:システムの都合上、ボタンは「当日支払い」となっていますが、事前振込。))

料金3,500 円(入金確認後、入場整理番号発行。(TIGETの受付番号は、入場順とは関係ありません。))

●予約(当日払いチケット予約:入場時は整理番号をお持ちの方の後となります。キャンセルの場合は必ず二日前までに連絡のこと。)

料金3,800 円(当日受付にてお支払いください。釣り銭の内容ご用意いただくと助かります。)

●予約(入場番号付きセットチケット(注意:当日支払いではなく事前振り込みのみ):「わん丈の夜会2」を同時に購入の方限定で、2公演で6,000円。(1公演あたり3000円))

料金6,000 円(事前振込購入のみ適用)

チケットを見る