AcappelLabo Concert Vol.2

Webページに埋め込む

下記のコードをコピーし、Webページやブログで表示したい箇所のHTMLに貼り付けます。
左のようなボックスのイベント概要が表示可能です。

コピー
  • イベント詳細
  • チケット情報
  • コメント0

【予約時のご注意】

◆新型コロナウイルス感染対策の関係上、購入されるお客様全員の氏名と連絡先を把握する必要があります。以下について厳守していただくようお願いいたします。

・チケット購入時、氏名を必ず本名にすること
・電話番号を必ず入力すること

これらの情報は、入場の際に照合させていただきます。情報が一致しない場合、入場をお断りすることがありますのでご注意下さい。

◆また、連絡先把握の必要から、チケットは1枚ずつのみご注文を受け付けます。複数枚注文されたい方は、お手数ですがその都度新たに1枚購入し、来場する方の氏名、連絡先をご入力下さい。

◆「銀行振込」より購入の方には、申し込み完了後に送信されるメールに記載された銀行口座に、メール到着から1週間以内のお振込をお願いいたします。

◆なお、未就学児の入場はお断りしております。

【新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために】

◆当日は受付にて検温を行います。37.5°C以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断りすることがありますので、ご了承ください。

◆咳や倦怠感など身体の不調を感じる場合、ご来場をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◆出演者への贈り物や花束についてはお断りいたします。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
富本泰成が主宰する「Vocal Ensemble 歌譜喜」「女声アンサンブル八重桜」「emulsion」の3つの声楽アンサンブルによるジョイントコンサート。
混声・女声・男声と演奏上の編成は異なるものの、全ての団体が「少人数でのアカペラ」での演奏に取り組んできました。
少人数での演奏は大人数の合唱よりも声をブレンドさせることが難しく「自分の声を人と調和させる緻密な技術」が求められます。
その「緻密さ」と大人数での演奏の「壮大さ」が掛け合わさった時にどのような演奏が生まれるのか、ぜひその瞬間を見届けませんか?

----------
合同ステージは「焦がれ」をテーマに選曲。
人生をかけて打ち込めるものへの憧れから、思うように結果を出せないことへの焦燥感、挫折と絶望、そしてそこからの回帰を描く。

各団体は「焦がれ」というテーマから恋愛に関する歌をそれぞれ選曲。
歌譜喜は世界のヴォーカルグループのレパートリーから4曲、八重桜は日本語の合唱曲から4曲、emulsionはアメリカのバーバーショップのレパートリーから4曲を演奏する。

☆団体プロフィール
・Vocal Ensemble 歌譜喜
Vocal Ensemble 歌譜喜は、2011年に設立したプロフェッショナル声楽アンサンブルである。これまで10年間に6度の主催公演を開催し、また3枚のCDアルバムの発表を行ってきた。プロ声楽家による緻密なアンサンブルを得意とし、その演奏が評価され様々な音楽祭にも選出されている。主な実績は次の通り。2019年8月「ダ・ヴィンチ音楽祭」(主催:古楽アンサンブル アントネッロ、公演:川口市およびイタリア大使館)の古楽リレーコンサートの参加団体に選出、2020年11月「北とぴあ国際音楽祭2020」(主催:北区文化新興財団)の参加公演に選定され演奏会を開催、2021年8月「軽井沢国際合唱フェスティバル」(主催:東京国際合唱機構)にメインゲストとして招待され、フェスティバルのクロージングコンサートを担当。
また、若手作曲家への新作委嘱活動も積極的に行っており、これまで国内外合わせて9名の作曲家に20曲以上の新作合唱曲の委嘱及び初演を実現してきた。さらに、教育機関の芸術鑑賞教室のモデルアーティストとしても招待されるなど、音楽教育分野にも活動の幅を広げている。

Member
田村幸代、小林祐美、富本泰成、佐藤拓、谷本喜基、松井永太郎

・女声アンサンブル八重桜
2014年に主宰の富本泰成の呼びかけにより結成された声楽アンサンブル。
純正なハーモニーや母音の響きの一体感を追求し、女声合唱らしい透き通ったサウンドを目指している。その上で、ソリストとしても高い実力を持つメンバーを支えるために、カウンターテナー歌手を複数人編成し、繊細さと壮大さを併せ持つ女声合唱を追求している。
主催公演の他、オーケストラとの共演、演奏会のゲスト出演、中学校の芸術鑑賞教室出演などを行なっている。また、ラジオでの生演奏披露や、ゲーム・映画のレコーディングに参加するなど、様々な演奏活動を行なっている。

Member
稲村麻衣子、瀬戸翔吾、高橋幸恵、田中寛、谷郁、對馬香、富本泰成、山中さゆり

・emulsion
2019年に主宰の富本泰成の呼びかけにより結成された声楽アンサンブル。
団体名のemulsion(エマルシオン)は「乳化」を意味する単語で、水と油のように、本来は混ざり合うことがなかったであろう様々なジャンルの音楽家が集まっていることに由来する。

メンバーの専門は、グレゴリオ聖歌、ルネサンス・ポリフォニー、バロック音楽、オペラ、合唱指揮、ボイストレー二ング、ピアノ演奏、アカペラ・イントネーション研究、尺八演奏など多岐にわたり、様々なレパートリーを専門性を持って演奏する上、それらの価値観が混ざり合うことで、それぞれの様式の、より魅力的な演奏を模索することを目標としている。

Member
櫻井元希、富本泰成、松井永太郎、松村湧太、柳嶋耕太、渡辺研一郎

☆Program
・Vocal Ensemble 歌譜喜
And I love her / Bob Chilcott 編曲
If I fell / Bob Chilcott 編曲
Butterfly / Mia Makaroff
Håll mig kvar / Malin Gavelin

・女声アンサンブル八重桜
朱の小箱 / 鈴木輝昭
夕焼け空 / 相澤直人
九月のうた / 寺嶋陸也
別れが生んだ出会い / 松下耕

・emulsion
All shook up / Ryan Alwarth 編曲
Put your arms around me, honey / Aaron Dale 編曲
It only takes a moment / David Wright 編曲
Spend my life with you / Kyle Kitzmiller 編曲

合同ステージ
Lerchengesang / F.Mendelssohn
It was a lover and his lass / J.Rutter
Valusald punased lehed / V.Tormis
Dolcissima mia vita /C.Gesualdo
Sonnet No.76 / A.Janson
Die zwei blauen Augen / G.Mahler, C.Gottwald編曲
The Conversion of Saul / R.Stroope
新しい歌 / 信長貴富
This Marriage / E.Whitacre

合同ステージエキストラ:大津康平
合同ステージピアニスト(新しい歌):谷本喜基

出演者
emulsion / 櫻井元希 / 富本泰成 / 松井永太郎 / 松村湧太 / 柳嶋耕太 / 渡辺研一郎 / Vocal Ensemble歌譜喜 / 田村幸代 / 小林祐美 / 佐藤拓 / 谷本喜基 / 女声アンサンブル八重桜 / 稲村麻衣子 / 對馬香 / 谷郁 / 山中さゆり / 高橋幸恵 / 瀬戸翔吾 / 田中寛 / 大津康平
開催日
2022年09月13日(火)
主催または登録者
歌譜喜vocalconsort initium
会場
三鷹市芸術文化センター 風のホール
イベントのお問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
開場 18:45 / 開演 19:15
●前売りチケット(一般(クレジットカード))

前売券:4,000 円(早期販売割引)

当日券:4,900 円

●予約(一般(銀行振込))

前売券:4,000 円(早期販売割引)

当日券:4,900 円

●前売りチケット(学生(クレジットカード))

料金3,000 円

●予約(学生(銀行振込))

料金3,000 円

コメントを投稿するにはログインが必要です。ログインはこちら

チケットを見る