このイベントはすでに終了しています。

ラッソとヴィッテルスバッハ公爵家2~ 宮廷に秘められた音楽(ムジカ・レゼルヴァータ)〜【茗荷谷公演】

出演
ベアータ・ムジカ・トキエンシス(演奏:望月万里亜、鏑木綾、長谷部千晶、及川豊、鏡貴之、小笠原美敬/お話:斉藤基史)
04f63be2 3f91 4cd3 8bb9 31ae21067158

予約/購入受付

開催日時
2017年11月12日(日) 14:00 〜
一般
-受付終了 4,000円
ペア
-受付終了 7,500円
学生
-受付終了 2,000円
◯ : 受付中/△ : 残り僅か/× : 売切れ/- : 受付期間外

受付・販売期間: 2017年11月11日18:00まで

イベント詳細

ベアータ・ムジカ・トキエンシス 第6回公演
ラッソとヴィッテルスバッハ公爵家 2
~ 宮廷に秘められた音楽(ムジカ・レゼルヴァータ)〜
レクチャー付きコンサート

 ベアータ・ムジカ・トキエンシスは、ルネサンス後期を代表する作曲家オルランド・ディ・ラッソの膨大なレパートリーを少しずつご紹介するコンサート・シリーズを昨年から始めました。今回は、ラッソがミュンヘン・バイエルン公の宮廷に就職してから、1563年に宮廷楽長に就任するまでに作曲された作品を中心にお聴きいただきます。副題「宮廷に秘められた音楽(ムジカ・レゼルヴァータ)」とは、音楽に精通した特別な聴き手のために「とっておかれた」音楽のこと。今回演奏するラッソの代表作「7つの悔悛詩篇曲集」はバイエルン州立図書館の至宝といわれる豪華写本で伝わりますが、雇い主であるアルブレヒト5世公は門外不出の作品として、この曲集の出版を許しませんでした。ラッソは、この特別な曲集の歌詞表現のために様々な工夫を凝らしています。このほか、宮廷礼拝堂で日常的に執り行われていたミサ典礼の様子が感じられる、グレゴリオ聖歌の定旋律に基づく「週日のミサ」と、軽妙なシャンソンに基づくミサ《ラ、ラ、ピエール先生》を組み合わせて演奏します。モテット《主に向って新しい歌を歌え》など円熟期に向かうラッソの音楽を、どうぞお楽しみください。
斉藤基史

演奏予定曲:
オルランド・ディ・ラッソ Orlando di Lasso(1532-1594)
週日のミサ(全曲)、ミサ《ラ、ラ、ピエール先生》よりグローリア
Missa De Feria & Gloria from Missa super "La,la Maistre Pierre"
モテット《主に向って新しい歌を歌え》
Cantate Domino canticum novum
7つの悔悛詩編曲集より詩編143番《主よ、私の願いを聞いてください》ほか
Psalm 143 "Domine exaudi " from Psalmi Davidis Poenitentiales etc.

会場

ラ・リール

地図はこちら
開催日
2017年11月12日(日)
チケット情報
  • 開場: 13:30/開演: 14:00

    • 予約一般
      前売券4,000
      当日券4,000
    • 予約ペア
      前売券7,500
      当日券7,500
    • 予約学生
      前売券2,000(学生証をご提示のうえお求めください。)
      当日券2,000(学生証をご提示のうえお求めください。)
主催または登録者
お問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

フォームによるお問い合わせ

コメント

コメントを投稿するにはログインが必要です。ログインはこちら