『佛道と藝道』佐々井秀嶺 with 玉川奈々福

出演
佐々井秀嶺 / 玉川奈々福 / 〈司会〉高山龍智
83ccbc6c b261 43c7 90f3 a3cea79bb6a7

予約/購入受付

開催日時
2017年07月01日(土) 19:00 〜
全席自由
◯ : 受付中/△ : 残り僅か/× : 売切れ/- : 受付期間外

受付・販売期間: 2017年07月01日08:00まで

イベント詳細

インド仏教最長老:佐々井秀嶺(1935年生まれ)。僧侶。1965年タイでの修行を経てインドへ渡り、1987年インド国籍取得。2009年に帰国するまで一度も祖国日本の土を踏まず、インド最下層民衆…いわゆる「不可触民」…の解放と仏教改宗運動に身を捧げて今日に至る。そんな彼を支えているのは日本庶民の心・浪花節。自身も青年時代に東屋流浪曲を学んだ佐々井は、2016年来日の際東京浅草の木馬亭にて「浪曲界のシンデレラ」こと玉川奈々福と邂逅。
玉川奈々福。浪曲師。1995年玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。2006年本橋成一監督作品『ナミイと唄えば』出演。さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。
今回、その両者による奇跡のコラボが遂に実現!会の前半は玉川奈々福の浪花節をじっくり(曲師:沢村豊子)、そして後半は佐々井秀嶺との対談『佛道と藝道』。さてさて、どんな話が飛び出すか、乞う御期待!
現代インドと平成日本、千里の波涛を越えて響き合う浪花節のこころ。かたい話は抜きにして、楽しい集いにしたいと考えています。この機会を是非ともお見逃しなく!
(敬称略。文責:高山龍智)

会場

角筈区民ホール (3F)
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4丁目33 東京都新宿区西新宿4丁目33−7 電話 03-3377-1372
【交通案内】◎京王線「初台」東口徒歩10分 ◎地下鉄大江戸線「都庁前」A5出口徒歩10分 ◎京王バス 新宿駅西口 京王百貨店前21番 WEバス西ルート「パークハイアット東京前」下車

地図はこちら
開催日
2017年07月01日(土)
チケット情報
  • 開場: 18:30/開演: 19:00

    • 予約全席自由
      前売券3,000
      当日券3,000(参加費は一部経費を除きインドでの佐々井秀嶺師の活動に御布施されます。)
主催または登録者
お問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

フォームによるお問い合わせ
その他

インド仏教復興運動の指導者:佐々井秀嶺と、浪曲界の「シンデレラ」玉川奈々福による奇跡のコラボが実現!この機会を是非お見逃しなく!