ディミニューション 「がっつり」事始め〜菅沼オンリー in 関西〜

出演
菅沼起一
A49d145f 4570 44ac a981 3177aacc4d92

予約/購入受付

開催日時
2019年08月31日(土) 14:00 〜
一般(当日支払)
一般(クレジットカード決済)
◯ : 受付中/△ : 残り僅か/× : 売切れ/- : 受付期間外
Credit card trans gmo
TIGET公式提携決済アプリ

コンビニ銀行振込あと払いなどで
今すぐチケットを購入できます。

詳しくはこちら

購入は、別途システム手数料99円/1枚にかかります
BOTを使用した購入・予約は禁止されています

Webページに埋め込む

下記のコードをコピーし、Webページやブログで表示したい箇所のHTMLに貼り付けます。
左のようなボックスのイベント概要が表示可能です。

コピー
Googleカレンダー

イベント詳細

 古楽の実践の中で耳にするであろう、しかし曖昧な用法で使われている装飾技法「ディミニューション」という言葉。それをテーマとした大好評オンリーイベント、初・関西上陸。
 「ディミニューション」という言葉、その定義の確認、当時の資料の紹介、技法の歴史の概観、ディミニューションを通して見えてくる16、17世紀の音楽理論の変遷、ポリフォニーの演奏美学のダイナミクス、そしてルネサンス音楽の新たな魅力と「分割」をキーワードに開く音楽の歴史。それらを2時間という制限時間で頬張り尽くす。
ディミニューションを知らない人も、改めて深く知りたい人も、新しい世界に飛び込みたい方も——

予定トピック:
・「ディミニューション」とは?——定義・時代範囲・用語法——
・ディミニューションの「資料」と「実践」とは?
・当時の著述家に学ぶ!ディミニューションの「付け方」
・「分割」の西洋音楽史:14世紀から19世紀まで

2019年8月31日(土)昼
1400 – 1600 (OPEN 1330/休憩込み) /
参加費:2500円
於:大阪市立男女共同参画センタークレオ大阪中央館・音楽室
(地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」駅徒歩3分)

トーク・演奏:菅沼起一(リコーダー)
(東京藝術大学古楽科リコーダー専攻を経て、大学院修士課程音楽学専攻を修了。博士後期課程在籍中。専門はディミニューション技法をはじめとする演奏習慣研究、音楽理論史。昨年9月よりスイス、バーゼル・スコラ・カントルム音楽院、音楽理論科へ留学中)

お問い合わせ:nisenoro51@gmail.com(菅沼)

会場

大阪市立男女共同参画センタークレオ大阪中央館・音楽室

地図はこちら
開催日
2019年08月31日(土)
チケット情報
  • 開場: 13:30/開演: 14:00

    • 予約一般(当日支払)
      料金2,500
    • 前売りチケット一般(クレジットカード決済)
      料金2,500
主催または登録者
お問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

フォームによるお問い合わせ

Star注目イベント