このイベントはすでに終了しています。

Zoom white

【川崎公演】ビクトリア「レクイエム」~ オーストリア皇太后マリアの葬儀ミサ(1603年)~

神奈川県

Webページに埋め込む

下記のコードをコピーし、Webページやブログで表示したい箇所のHTMLに貼り付けます。
左のようなボックスのイベント概要が表示可能です。

コピー
  • イベント詳細
  • チケット情報
  • コメント0

BEATA MUSICA TOKIENSIS 8th CONCERT
ベアータ・ムジカ・トキエンシス 第8回公演

ビクトリア「レクイエム」 
~ オーストリア皇太后マリアの葬儀ミサ(1603年) ~
レクチャー付きコンサート

トマス・ルイス・デ・ビクトリア Tomás Luis de Victoria (1548~1611)
「死者のための聖務曲集」"Officium Defunctorum”より
6声のレクイエム(全曲) Missa pro defunctis   ほか

 カトリック教会で「死者の月」とされる11月に、凝縮した表現と高い精神性によって現代のわたしたちを惹きつける名作、ビクトリアの6声のレクィエムをベアータ・ムジカ・トキエンシスは演奏します。この作品は、後期ルネサンスを代表する作曲家のひとりビクトリアの最高傑作とされていて、19世紀から現在までに9種類の現代譜が出版され、30近くの団体によって録音されている人気作。彼が晩年に仕え1603 年に亡くなったハプスブルク家の皇太后マリアの葬儀のために作曲されました。
 スペイン生まれのマリア・デ・アブスブルゴ・イ・アビス(1528- 1603)は神聖ローマ皇帝カール5世の娘でスペイン王フェリペ2世の妹であり、従兄に当たる神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世と結婚しウィーンに在住しました。皇帝となった2人の息子、ルドルフ2世とマティアスに大きな影響を与えたとされます。夫の死後はスペインに帰国し、マドリードのデスカルサス・レアレス修道院に隠棲しました。ビクトリアは、この貴婦人に仕える4人の聖職者の一人であり、二人は精神的に深くつながっていたと言われています。彼はこのレクィエムを皇太后の死からわずか3週間で書き上げましたが、作曲が終わるまで皇太后の葬儀は行われませんでした。
 1605年に出版された後、一時期は忘れ去られてしまったと思われる作品ですが、19世紀半ばに「再発見」され「ビクトリアの最高傑作にして、これまで書かれた宗教音楽の最高峰」という評価を得ています。最新の研究成果を参照しつつ、17世紀初頭のスペイン宮廷の精神世界を探求し、蘇らせたいと考えています。(斉藤基史)

2019年
11月11日(月) 19時開演(18時30分開場)
日本ホーリネス教団 東京中央教会

11月13日(水) 19時開演(18時30分開場)
ミューザ川崎 音楽工房 市民交流室

※いずれも開演15分前からプレトークがございます。

出演:ベアータ・ムジカ・トキエンシス Beata Musica Tokiensis
望月万里亜 鏑木綾 長谷部千晶 田尻健 及川豊 小笠原美敬 
プレトーク:斉藤基史(企画アドバイザー)

主催:ベアータ・ムジカ・トキエンシス(公式サイト http://beatamusicatoki.wix.com/beatamusicatokiensis)

出演者
ベアータ・ムジカ・トキエンシス(演奏:望月万里亜、鏑木綾、長谷部千晶、及川豊、田尻健、小笠原美敬/お話:斉藤基史)
開催日
2019年11月13日(水)
主催または登録者
トキエンシス
会場
ミューザ川崎 音楽工房 市民交流室(神奈川県)
イベントのお問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら
開場 18:30 / 開演 19:00
●予約(一般)

前売券:4,000 円

当日券:4,000 円

●予約(ペア(1組2名様分))

前売券:7,500 円

当日券:7,500 円(1組で2名様分となります。)

●予約(学生)

前売券:2,000 円

当日券:2,000 円(当日は学生証をご提示ください。)

コメントを投稿するにはログインが必要です。ログインはこちら

チケット