イベントをキャンセル (中止) ・延期する

 

1. イベントを中止するには

中止にするイベントの管理画面から、「イベントを削除」をすると、中止となります。ただしこの場合、イベント主催者以外はイベントページをご覧いただけなくなります。

 

開催は中止でも、イベントページを見てもらいたい・削除したくない場合は、「イベント名」や「イベント詳細」を中止であることがわかるような文言へ変更した上で、チケットを販売停止にしましょう。

▼開催中止の場合のイベントページの参考画像

販売停止にする方法、イベントページの編集方法については、下記の使い方ガイドをご覧ください。

チケット販売を停止する(使い方ガイド)↗︎

イベントを編集する(使い方ガイド)↗︎

 

中止のイベントに申込者がいる場合は、次に案内する払い戻し・キャンセル作業を必ず行ってください。

 

①『前払い』のチケットに参加者がいる場合

抽選前払い(抽選後)、または先着前払いのチケットに参加者さまがいる場合、チケット代金を払い戻す作業が必要です。

  • チケットを払い戻す手順 

  • (1) 中止にするイベントの参加リストをご覧ください。該当する参加者さまの右側にある赤い「払い戻し」ボタンを押してください。
  • (2) 参加者へ送られるメールの編集画面が表示されます。(黄色枠内は文章の編集可能) 右下の「払い戻し実行」ボタンを押すと参加者さまへ全額返金されると同時に、返金のお知らせメールが送られます。
  •  
  • ※ 払い戻しを実行前に参加者へお知らせすることをおすすめします(※1参照)

 

②『当日会場払い』チケットに参加者がいる場合

①と同様に、チケットのキャンセルを行いましょう。

  • チケットをキャンセルする手順 

  • (1) 中止にするイベントの参加者リストをご覧ください。該当する参加者さまの右側にある「キャンセル」ボタンを押してください。
  • (2) キャンセルガイドが表示されます。「実行」か「実行してメール通知」を選択してください。(メール通知の内容は編集できません)
  •  
  • ※ キャンセルの前にイベント主催者さまから参加者さまへお知らせすることをおすすめします。(※1参照)

 

※1 『参加者へのメール一斉送信機能』を活用すると、参加者リストに載っている皆さまへ一斉にメールでお知らせすることができます。使用方法は以下の使い方ガイドをご覧ください。

参加者へメール一斉送信をする(使い方ガイド)↗︎

2. イベントを延期するには

イベントの延期をするには、次の手順を推奨します。

 

①イベントページを新規作成

はじめに行うのは、イベントページの新規作成です。作成するのは開催日時が延期されているイベントページです。

その際、「過去イベントのコピー」を活用すると、簡単に同じイベントページを作成することができます。

 

②参加者へ延期の連絡する

延期であることを参加者へ連絡しましょう。参加者への一斉送信メール機能をご利用いただくと、簡単に参加者の皆さまにお知らせすることができます。(※1を参照)

 

③延期するイベントページを削除

上記でご案内した「1.イベントを中止するには」を参考に、削除を行なってください。

3. イベント中止に関するよくある質問

払い戻したチケット代金ってどうなるの?

参加者さまが申込時に利用したクレジットカードを通して返金されます。(ご利用明細等に反映されるにはお日にちがかかる場合があります)

また、返金日につきましては各カード会社さまにより異なります。参加者ご本人さまからご利用のクレジットカード会社へご確認いただきますよう、お願いいたします。

なお、払い戻しをすると参加者さまには全額返金されますが、イベント主催者さまには決済手数料( 5 %)をご負担いただきます。

 

イベント中止・延期の案内をするだけじゃだめですか?

イベントページは必ず削除か中止であることを掲載し販売停止、また参加者がいる場合は払い戻し・キャンセル作業は必ず行いましょう。

そうすることで、参加者さま及びイベントページをご覧いただいた方による混乱が避けられ、安心していただけます。

 

削除したイベントページはどこにいくの?

マイページにある「公開中のイベント」の右下、「ゴミ箱を見る」を押すとご覧いただけます。

 

以下のヘルプでも、様々な質問にお答えしています。皆さまの手助けになるかもしれませんので、よろしければご覧ください。

イベント管理について(ヘルプ)↗︎

posted at:2020/01/15/11:16
使い方ガイド一覧へ